内乱記 カエサル戦記集 - カエサル

カエサル カエサル戦記集

Add: ivemipu34 - Date: 2020-12-17 18:50:25 - Views: 6738 - Clicks: 4902

6月 - カエサル、マッシリアを去りヒスパニアへ。イレルダ到着。イレルダの戦いの開始。 1. Servilio consulibus: ガイウス・ユリウス・カエサルとプブリウス・セルウィリウス が執政官のとき: 内乱記 第3巻の年). 9月 - カエサル、コルドゥバ→ガデス→タッラコと移動。 2. ガイウス・ユリウス・カエサル 紀元前100 〜 紀元前44(56歳没) 古代共和政ローマ末期の政治家・軍人。文才にも秀で、ラテン語の名文として名高い『ガリア戦記』などを著す。. 内乱記 カエサル著 ; 高橋宏幸訳 (カエサル戦記集 / 高橋宏幸訳) 岩波書店,. 『ガリア戦記』『内乱記』に続くカエサルの戦いの集大成です。 ここから次は帝政ローマ誕生へと、歴史はつながっていきます。本書でぜひ大きな時代のうねりを感じてください。.

1 原タイトル:Julius Caesar The Civil War Books. 2ほか本/雑誌 / カエサル/〔著〕 高橋宏幸/訳. See full list on ja. 中世の写本などから、カエサルが刊行した当初の題名は、『ガイウス・ユリウス・カエサルの業績に関する覚書』( C.

ローマを揺るがせた「カエサルvsポンペイウス」の内乱を、歴史の当事者であるカエサ. 著書―『アッティクス宛書簡集Ⅰ』(キケロー選集第13巻、共訳、岩波書店)/『弟クイントゥス宛書簡集』『ブルートゥス宛書簡集』(キケロー選集第16巻、岩波書店)/リウィウス『ローマ建国以来の歴史』第9巻(共訳、京都大学学術出版会. Carter, Julius Caesar the civil war books I-II.

カエサル戦記集 アレクサンドリア戦記 アフリカ戦記 ヒスパーニア戦記:: Books - Amazon. /おもな登場人物:(作成途上) 2. /ギリシアとアルバニアについて:(作成途上) 2. 【tsutaya オンラインショッピング】内乱記 カエサル戦記集/カエサル tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!. ガーイウス・ユーリウス・カエサル『内乱記』全3巻の全訳 底本: J. Amazonでカエサル, 高橋 宏幸のカエサル戦記集 ガリア戦記。アマゾンならポイント還元本が多数。カエサル, 高橋 宏幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 1月 - 元老院からカエサルへ最後通牒、カエサルのルビコン渡河、ポンペイユスのローマ離脱。 1. 紀元前49年1月のローマ内戦開始(ルビコン川渡河)から、翌紀元前48年9月のポンペイユスの死、10月のカエサルのエジプト(アレクサンドリア)上陸、そして11月のポティヌス殺害までの約2年間が記述されている。(ここから先の記録は、アウルス・ヒルティウスの手による続篇『アレクサンドリア戦記』で描かれる。) 原題は、『ガリア戦記』と共に、『ガイウス・ユリウス・カエサルの業績に関する覚書』(羅: C.

7月 - ポンペイユス、包囲網突破に成功。カエサル. 10月 - カエサル、マッシリアに帰還。 3. 『カエサル戦記集 内乱記』(カエサル) のみんなのレビュー・感想ページです(2レビュー)。作品紹介・あらすじ:ローマを揺るがせた「カエサルvsポンペイウス」の内乱を、歴史の当事者であるカエサルがみずから描いた不朽の古典。. カエサル戦記集 内乱記 - ガイウス・ユリウス・カエサルのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

Skip to main content. カエサル『内乱記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約25件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 00】【口コミ:4件】(12/1時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ナイランキ|著者名:ガイウス・ユリウス・カエサル、国原吉之助|著者名カナ:カエサル,ガイウス. カエサル戦記集 内乱記 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 4月 - カエサル、ローマを離れヒスパニアへ。カエサル、マッシリアに到着。 1. カエサル、エジプト艦隊を焼き、ポティヌスを殺させる。 日本語訳 『内乱記』 國原吉之助訳 (講談社学術文庫、1996年) 元版 『カエサル文集』(筑摩書房、1981年) 『カエサル戦記集 内乱記』 高橋宏幸訳・注解(岩波書店、年) 脚注・出典. 商品検索エンジンのユアガイドではユリウス,カエサルに関する通販の商品を豊富に掲載しております。価格比較やレビュー.

内戦を終結させ,ローマ帝国への道をひらいた英雄──多くの人がカエサルをそう描くが,実のところ,彼はどんな時代を生き,何をなそうとしたのか.共和政末期の政治社会状況やキケローら同時代人の動向を丹念に読み解き,また『ガリア戦記』をはじめとする彼自身の著作活動にも着目. Amazonでカエサル, 高橋 宏幸のカエサル戦記集 内乱記。アマゾンならポイント還元本が多数。カエサル, 高橋 宏幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Warminster 1993 参考文献: p267-272 ローマ内乱関連略年表: 巻末p28-30 図版出典一覧: 巻末p31.

内乱記 カエサル戦記集 / 原タイトル:Julius Caesar The Civil War Books. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 ローマを揺るがせた「カエサルvsポンペイウス」の内乱を、歴史の当事者であるカエサルがみずから描いた不朽の古典。. すなわち『ガリア戦記』と『内乱記』です。まとまったものとしては、その他にプルタルコスによる伝記が残っています*2。だからカエサルの言葉として引かれている以上、この三作品のどこかに対応する箇所があるはずなのです。しかし、いずれの作品中. ローマを揺るがせた「カエサルvsポンペイウス」の内乱を,歴史の当事者であるカエサル自身が描いた不朽の古典.前四九年の戦争勃発から,地中海世界各地での一進一退の攻防,前四八年のポンペイウスの死までを.

/地名一覧 (羅和) :(掲載未定) 1. 内乱記 - ガイウス・ユリウス・カエサル - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まっ. See full list on wpedia. /人名一覧 (羅和) :(掲載未定) 1. /参照画像一覧:本文で参照した画像一覧 :(掲載未定) 1. カエサル、エジプト艦隊を焼き、ポティヌスを殺させる。 日本語訳 『内乱記』 國原吉之助訳 (講談社学術文庫、1996年) 元版 『カエサル文集』(筑摩書房、1981年) 『カエサル戦記集 内乱記』 高橋宏幸訳・注解(岩波書店、年). カエサル対ポンペイウス。共和制ローマの後期をいろどる二大英雄による激突を、カエサル本人が描いた「覚え書」の翻訳。 カエサルの文章にしては読み味が重く翻訳されている。. 内乱記 第1巻 ~第2巻の年 (ローマ内乱が勃発) BC48: 705: C.

『カエサル戦記集 内乱記』カエサル、高橋宏幸訳(岩波書店) 年 320頁. 第2巻(紀元前49年8月-10月) 2. Ponta Point available! /マッシリアについて:(おおむね完成) 2. 1月 - カエサル、ブルンディシウムから出航し、パラエステに上陸。オリクム→アポッロニア占領、アプスス川近傍に設営。 3. Iulii Caesaris Commentarii Rerum Gestarum )であり、今日では『ガリア戦記』と分離されている続篇『内乱記』とひとまとめの書物であったと推測される。. Wikipedia|内乱記|内乱記 1. Warminster 1991 および Id.

カエサル戦記集 内乱記:: Books - Amazon. 4月 - カエサルとアントニウス合流。ポンペイユスを包囲。 3. Iulii Caesaris Commentarii Rerum Gestarum)であり、後に便宜上、『ガリア戦記』の方を「~ de Bello Gallico」、『内乱記』の方を「~ de Bello Civili」等と区別するようになっていったと推測される。. 3月 - ポンペイユス渡海。カエサル、ローマ帰還。 1. /関連年表 :(掲載未定) 1. 『内乱記 (講談社学術文庫)』(カエサル) のみんなのレビュー・感想ページです(16レビュー)。作品紹介・あらすじ:古代ローマの運命を、内乱から平和へ、そして共和政から帝政へと大きく変えた英雄カエサルと政敵のポンペイユスとの対決を描く劇的な記録。. 2月 - カエサル、アウクシムム→フィルムム→コルフィニウムを攻略。ポンペイユス、ブルンディシウム到着。 1. 現在刊行されている全ての校訂本は、写本の伝統に則り、全3巻で構成されているが、『ガリア戦記』にも見られるように、カエサルの記録は概して一年を一巻にまとめる形式のため、本来は、共に紀元前49年について述べている現在の第1巻と第2巻が一つの巻を成し、紀元前48年について述べている現在の第3巻との二巻本だったと考えられる。 紀元前49年(第1巻-第2巻)は、主にイタリア半島からヒスパニア(スペイン)にかけてを舞台とした戦闘に関する記述で占められる。紀元前48年(第3巻)は一転して、ポンペイユスが逃げ込んだバルカン半島(ギリシア)を舞台とした戦闘に関する記述で占められる。 1.

内乱記の地誌 1. ca Hello, Sign in. 内乱記 /講談社/ガイウス・ユリウス・カエサルの価格比較、最安値比較。【最安値 1,155円(税込)】【評価:4. 内乱記 『 内乱記 』(ないらんき、 羅 : Commentarii de Bello Civili )は、『 ガリア戦記 』の続篇であり、 共和政ローマ 期の政治家・軍人の ガイウス・ユリウス・カエサル が自らの手で書き記した、「 ローマ内戦 」の記録である。. /固有名詞一覧 (羅和) :(掲載未定) 1. , Julius Caesar the civil war book III. 5月 - トレボニウスもマッシリア到着。マッシリア包囲戦の開始。 1.

Commentarii de bello civili. The civil war books. /デュッラキウムの戦い:(作成中) 1. カエサル戦記集 内乱記 カエサル,ガーイウス・ユーリウス【著】〈Caesar,Julius〉 / 高橋 宏幸【訳】 価格 ¥3,300 (本体¥3,000). Account & Lists Account Returns & Orders. | 内乱記 カエサル戦記集 | ガイウス・ユリウス・カエサル | JP Edition | Books || HMV&BOOKS online : Online Shopping & Information Site Multiple payment & delivery options for our customers’ satisfaction!

カエサル Caesar (前100~前44年)は英語読みでシーザー。前1世紀のローマ共和政末期の軍人、政治家。 平民派として登場し、元老院を抑えるために前60年にポンペイウス、クラッススとの第1回三頭政治を成立させた後、ガリア遠征(前58~前51年)で名声を挙げた。. 第3巻((紀元前49年12月-) 紀元前48年1月-11月) 3. 6月 - ポンペイユス、包囲網突破の試み。 3. /あらすじ:各巻のあらすじ 1.

12月 - カエサル、ローマからブルンディシウムへ。 3. 3月 内乱記 カエサル戦記集 - カエサル - アントニウス、ニュンパエウムに上陸。 3. カエサル | 1996年06月10日頃発売 | 古代ローマの運命を、内乱から平和へ、そして共和政から帝政へと大きく変えた英雄カエサルと政敵のポンペイユスとの対決を描く劇的な記録。前49年ルビコン川を渡ったカエサルは、西はスペインから東はバルカン半島まで、北はアルプスから南は地中海を. カエサル戦記集 内乱記.

7月 - カエサル、敵のヒベルス川・オクトゲサへの退路を封鎖。 2. 『内乱記』(ないらんき、羅: Commentarii de Bello Civili)は、『ガリア戦記』の続篇であり、共和政ローマ期の政治家・軍人のガイウス・ユリウス・カエサルが自らの手で書き記した、「ローマ内戦」の記録である。. 第1巻(紀元前49年1月-7月) 1. 著 者 : 高橋宏幸 訳 発行(売)元: 岩波書店 価 格 : 3,300円(3,000円+税) コード :.

8月 - クリオ、シキリアからアフリカへ向かう。アフリカ上陸、ウティカへ。戦闘と後退、戦死。 2.

/b7d3d4de6d0fc /219 /3e710407f-133 /21938b8821d7

内乱記 カエサル戦記集 - カエサル

email: fijidi@gmail.com - phone:(750) 353-2716 x 2752

1回で合格!色彩検定3級 テキスト&問題集 - 西川礼子 - 震災学入門

-> ルーマン・システム理論 何が問題なのか - ギュンター・シュルテ
-> 上代木簡資料集成 - 沖森卓也

内乱記 カエサル戦記集 - カエサル - 短大生の就職活動スケジュール 就職情報研究会


Sitemap 1

比較哲学方法論の研究 - 臼木淑夫 - 奈良県立医科大学